ページの先頭へ戻る

在籍型出向とは

在籍型出向とは

在籍型出向とは、出向元事業所と出向先事業所との出向契約によって、労働者が出向元と出向先の両方と雇用契約を結び、出向先に勤務することをいいます。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、注目されています。

出向元事業所は、一時的に仕事が減るなどして余ってしまった人手を在籍型出向を利用することで雇用を維持できます。
出向先事業所は、人手不足が解消し、従業員の負担を軽減することができます。
他にも、他社の従業員と交流することで刺激を受けたり、多様なスキルが身についたり、実際に出向する労働者にもメリットがあります。

在籍型出向をお考えの事業所のみなさまへ

一関市内の事業所の在籍型出向情報はいちJOBで

いちJOBは、在籍型出向により社員を出向させたい事業所、社員を受け入れたい事業所、双方の情報を登録・検索することができます。在籍型出向をお考えの事業所は、ぜひご活用ください!

在籍型出向の情報を登録したい

事業所の基本情報はもちろん、出向させたい人数・受け入れたい人数、出向社員へ求める人物像、在籍型出向に関するお問い合わせ先など、具体的な情報を登録できます。一関市内の事業所であれば無料で登録することができるので、ぜひPRにご活用ください。詳しくは下記の「事業所情報の登録の流れ」をご確認ください。

在籍型出向を行なっている事業所を探したい

受入先・出向元事業所を探す場合も、キーワード検索をはじめ、出向社員の職種・業種・保有スキルなど細やかな条件で検索が可能です。